時代を理解する

山口組の歴史を守ろうと思うと、時代に即応した順応性が必要だ。

—中略—

時代感覚を的確に捉えていない、時代を上手に理解しなくて自分らの形だけを守ろうとしている旧態依然の感覚の者が落後していったというのは事実で、新旧交代が上手にできたと思っている。前よりも組織がまじめになった。

【山口組組長 一問一答】(下): 山口組、司忍組長

This entry was posted in articles, interviews and tagged , . Bookmark the permalink.