合意

当たり前のことを書くが、相手が喜ぶこと自体は、交渉の目的たり得ない。たとえば日本の交渉参加を交換条件に、こちらの要望を何か米国に呑ませるというなら、まだわかる。しかし、伝え聞く限り、その様子もない。

—中略—

「合意」は、決して交渉の「目標」たり得ない。逆だ。はっきりした「目標」があって、その目標を獲得できる時にだけ「合意」するのだ。

TPPで日本の著作権は米国化するのか -INTERNET Watch: 福井健策

This entry was posted in articles and tagged , . Bookmark the permalink.