慈悲

「慈」は「友情」の意味ですが、特定の友だけにではなく、誰彼の別なく、友情をささげるという意味です。また、「悲」は悲しみではなく、うめきです。わが苦悩にうめいた者だけが、他者の苦悩のうめきに同苦できる思いやりをさします。

—中略—

また、慈悲は愛と異なります。慈悲は同じ床(フロア)にあっていとおしみあうので、高いところから施すものではありません。また、裏切られたとき憎しみに変わる愛と違い、背かれれば背かれるほど、裏切られれば裏切られるほど、憎しみよりも憐(あわれ)みを増すのが慈悲です。

般若心経入門(松原泰道)」〜2章、p115

This entry was posted in books and tagged , . Bookmark the permalink.