真実のデータをどう見出すか

「こういうデータがあるからこうなるであろう」というのは「分析」の能力によるものです。この分析によって正しい判断をしようと思うなら、ここに集めたデータは「真実のデータ」でなくてはなりません。ホントかウソか分からないデータをもとにして判断したら、その判断もホントかウソか分からなくなります。

—中略—

行動を起すなら、自分でデータをあつめて自分の仮説を作らなくてはなりません。その「真実のデータ」というのは、自分がこの目で見、この手で触れた、そのこと以外にはないのです。

洞察力(中山正和)」〜はじめに、p14

This entry was posted in books and tagged , . Bookmark the permalink.