生きる範囲を広く

自分の欲を少なくして、その分を人さまに分ければ、ただもうそれだけで世間が広くなる。生きる範囲が広くなるはずだ。反対にむさぼるだけむさぼる、貰えるだけ貰って、人のために損をするなんてもってのほか、というような生き方をすれば、だんだん世間が狭くなる。

—中略—

要するに自分の欲を少なくして、余分のものは人さまのお役に立てればいいという精神になると、それだけでノイローゼなどふっ飛んでしまう。世間が広くなり、自分も生き生きしてくるのですね。

正法眼蔵 八大人覚を味わう(内山興正)」〜少欲、p64、p65

This entry was posted in books and tagged , , . Bookmark the permalink.